BLOG HOME

TESTERA BLOG

クラウドコンピューティングEXPO春に出展します

投稿者: yamamoto, 日付: 2018年05月08日

TESTERAはクラウドコンピューティングEXPO春 に出展します。皆様のご来訪をお待ちしております。
クラウドコンピューティングEXPO春

テストを実施いただいている皆様から、パフォーマンスが非常に悪いとのお問い合わせを多数頂いております。
これまでもTESTERA事務局で準備している専用端末の対応をさせていただいておりますが、
このたび、テスター様で使用されているリモートデスクトップのバージョンを上げていただくことで
改善できるケースが確認できましたので、お知らせさせていただきました。

Windows7デフォルトのリモートデスクトップでも専用端末へのアクセスはできますが、
対応プロトコルのバージョンがRDP7.1だったため、十分な処理パフォーマンスを得られない可能性がありました。
次のWindowsUpdateの適用をしていただくことでRDP8.0に対応できますので、こちらを強くお勧めします。

<①⇒②⇒③の順で適用> ※各バッチ適用後再起動を伴うことがあります

①SP1(サービスパック1) ※既に適用済みの場合は不要です
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/sp1/default.aspx
②KB2574819(RDP 8.0 更新に必要なプログラム)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2574819/an-update-is-available-that-adds-support-for-dtls-in-windows-7-sp1-and-windows-server-2008-r2-sp1
③KB2592687 (RDP 8.0)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2592687/remote-desktop-protocol-rdp-8.0-update-for-windows-7-and-windows-server-2008-r2

なお、上記対応は飽くまでパフォーマンス改善の一手段であり、全ての環境に有効とは限らない旨、あらかじめご了承の上、対応いただければ幸いです。

ソフトウェアの品質とは

投稿者: takahashi, 日付: 2016年02月16日

ソフトウェアの品質について、よく議論がなされるが、品質の指標は各企業やアプリケーションによって異なる。

ソフトウェアの品質について議論していると、人によっては、単にStep数あたりのバグ検出率を指していたり、画面I/Fのユーザービリティを指していたりと実にさまざまであったりする。

まず、ソフトウェアの品質を議論するに当たり、同じ物差しを持って議論すべきであり、物差しが標準化されていない現場では、そもそも物差しを作るところから始めねばならない。

意外によくある話である。

週間BCNに記事が掲載されました。 2016/01/18 Vol.1612

投稿者: takahashi, 日付: 2016年01月19日

週間BCNに記事が掲載されました。
2016/01/18 Vol.1612

ワークスタイルの変革を!

写真

家族の在り方や社会の変化に伴い、これからのワークスタイルは大きく変わります。
労働環境のインフラもこれに合わせて変革が必要です。
TESTERAは、その役割の一部が担えると思います。

TESTERAの今

投稿者: takahashi, 日付: 2014年07月16日

久々のブログ更新となってしまいました。

本年度は、お陰様で、CloudComputingExpo2014春、Interop2014に出展し、沢山のお客様にTESTERAの新しいサービスをご紹介させて頂きました。
展示会では、テスト工程における工期や予算などの制約に対して、なかなか対処が難しいという現場の声にご提案をし、お客様からは大変な関心を寄せて頂きました。

Enterprise版をリリース後、年々多くのお声掛けを頂くようになり、今年は、テストサービスとしてさらなる飛躍を遂げたいと思っております。

そして、現場での声により柔軟に対応できるよう、テストサービスとしてより良いサービスを目指したいと思っております。

TESTERA事務局

TESTERAの役割

投稿者: takahashi, 日付: 2013年11月01日

IT業界では、人材の不足が叫ばれて久しいです。
米国と比べても、労働人口に占めるIT技術者の割合が少ないという話はよく聞きます。

今はありとあらゆる業界で、情報技術の利用、活用が進んでいますが、今後もそれはますます加速するでしょう。
教育分野で進んでいるというヨーロッパでは、子供たちへのIT教育も徹底しています。
IT教育は、国の成長を左右する重要なテーマとの認識があるからです。
所詮ITはツールでしかありません。ITを使いこなして当たりまえ。さらに問題の発見や解決等の目的の為に活用する事が最終的な目標です。

ITの重要性は益々高まっています。

そのような中、日本における労働人口の減少は加速度的に進んでいます。
内閣府は今後50年後に、日本の労働人口層は約半減しするという予測を出しています。[参考1]
私たちは、これから益々重要性を増すIT技術者を多く育てていかないといけないのに、絶対的な労働者層の数が減少している事は、技術者不足問題をさらに深刻にします。コチラの解決策の一つとして、あらゆる人材の活用が考えられます。
業界経験のある介護従事者や主婦、優秀な学生などなど。また、物理的な地理条件や時間などの制約を取っ払えば、より新しい優秀な人的リソースを確保する事が出来ます。

TESTERAでは、そのサービルの性質上、任務を完了するにあたって、時間や地理的な環境に囚われません。問われるのは、純粋にソフトウェアのテストスキルです。

今後、場所や時間に囚われない自由なワークスタイルを提供できる一つのプラットフォームとしての役割を担う事が出来ると思っています。

————————-
[参考1]内閣府 将来推計人口でみる50年後の日本
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html

TESTERAは、クラウドソーシング!?

投稿者: takahashi, 日付: 2013年10月30日

TESTERAは、クラウドソーシング!?でしょうか?

TESTERAという新しいサービスを紹介する際に、分かり易くクラウドソーシングを例に挙げて説明する事もあります。

ビジネスモデルは、クラウドソーシングに近いかもしれませんし、人によっては、クラウドソーシングに分類する人もいるかもしれません。

しかし、厳密には

TESTERA(Enterprise版)は、クラウドソーシングではない

と考えています。

ソフトウェアのテストは、そもそもこれ自体の品質が保証されなければいけません。
それは、開発工程の中で、ソフトウェアの品質を担保する最後の砦だからです。

テストケースに漏れがある、テストが実施されなかった、テスト手法が適切ではない。これでは、ソフトウェアのテストを行う意味がなくなってしまいます。やらなかったのと同義とまではいいませんが、これに近いものがあります。

ですので、ソフトウェアのテストは厳密なものではなくてはならないのです。

一方、クラウドソーシングのビジネスモデルは、一般的に不特定多数の人から物やサービス、人的リソースを調達する、あるいは、彼らへ仕事を依頼するという事を行いますが、個人が主体な為、その仕事や成果物に対する責任の所在が不明瞭で、保障されない場合があります。
厳密性を求めるソフトウェアテストとは、相容れない性質を持っているのです。

TESTER(Enterprise版)では、テスターは、全てNDA契約を締結した個人を特定可能なテスターであり、テスト経験やテストスキルに応じて、テストマネジャーがテスターへのテスト内容を割り振っています。環境や機能問題などの不可避の問題以外でテストが実施されないという事が無いようにさまざまな工夫を行い、テストの品質を高める努力をしています。

テストにおける品質の確保と継続的な質の向上を目指し、安定したテストサービスを提供できる事がやはりクラウドソーシングとは厳密に事なる点であると考えています。

NDA契約可能なテスターを広く募集しています。

投稿者: takahashi, 日付: 2013年10月08日

ソフトウェアのテスト工程に要する工数は、開発工数(設計除く)にほぼ匹敵するため、本来であれば、開発工数と同じだけのマンパワーが必要になってきます。
しかしながら、上流工程の工数のしわ寄せや、テスト実施体制が十分でないことからテスト工程がおざなりになっているという話もしばしば耳にします。

TESTERAエンタープライズでは、そのようなお客様をサポートすべく、最適なテストチームを編成し、フレキシブルにテストを実施しており、そのニーズも高まってきています。

テスト工程は、ソフトウェアの品質を担保する最後の砦であり、私はもっとも大切な工程であると思っています。
責任ある、誇りあるテスト作業にTESTARAのテスターとして、参加してみませんか?
あなたの参加をお待ちしております。

TESTERAエンタープライズでは、主にリリース前のソフトウェアを対象にしたテストの実施になりますのでNDA契約者のみがテスト実施可能となっております。
NDA未締結のみなさんも、この機会にぜひ申し込みください。

[NDA契約について]
https://www.testera.jp/nda

TESTERA事務局 一同

中国市場向けテストサービス『 TESTERA CHINA 』をリリース

投稿者: takahashi, 日付: 2012年09月10日

株式会社楽堂は、中国市場向けアプリケーションのテストサービス『 TESTERA CHINA 』をリリースしました。
ソフトウェアテストサービス「TESTERA」では、中国進出するアプリ開発事業社の
増加を見込み、中国のアプリストア等で、アプリを提供する日本企業向けに、
アプリテストサービスを開始致します。

アプリケーションのテストは、現地の回線やデバイスを用いて、中国人テスターが
実施しますので、現地のでのリアルな動作確認が可能です。
アプリケーションテストの依頼者は、「TESTERA」に依頼するだけす。
テストケースの翻訳やテスターのアサイン、テストレポートのチェック・翻訳まで
ワンストップのサービスを受ける事が出来ます。

■ 『 TESTERA CHINA 』サービスの特徴

1.ワンストップ

中国の現地テスト実施者との窓口業務は、すべて楽堂が行います。
テスト実施者は、日本語による依頼をするだけで、楽堂が
日本語→中国語→日本語
の翻訳を行います。

2.リーゾナブル料金は、テストケースに応じた従量課金です。ちょっとだけテストしたい等
小規模のテストにも柔軟に対応できます。

3.スピーディ
依頼日より最短数営業日でレポートを提出します。
(テストレポート内容にもよりますので、お気軽に御問合せ下さい。)

※『TESTERA CHINA』の詳細は以下URLの「中国市場向けアプリテスト」
をご確認ください。
TESTERA CHINA サービス詳細

URL   : http://www.rakudou.co.jp/
TESTERA : http://www.testera.jp/
Twitter : http://twitter.com/rakudou_testera
Facebook: http://www.facebook.com/TESTERA.RAKUDOU

効率的、革新的なテストサービスを広め、広く社会に貢献できるよう、
今後もサービス改善、向上に努めて参ります。
TESTERA事務局 一同

テスター各位

いつもご利用有り難うございます。
TESTERA事務局の高橋でございます。

この度、テスト参加促進キャンペーンを実施致します。
テスターにテスト報酬をプレゼントさせて頂きます。

詳しくは、下記のキャンペーンの参加要領をご参考下さい。

※9/10にキャンペーン期間と報酬金額金額(UP)を変更致しました。
———————————————-
◇◆◇テスト参加促進キャンペーン 参加要領◇◆◇
(キャンペーン期間:2012/9/10(月)~9/14(金))
———————————————-
【プレゼントされるテスト報酬】
 
  500円
 
【対象プロジェクト】
 
  コラボレーションツールのテスト Part2
 (テスト実施期間:2012/9/7(金)~2012/9/30(日))
 
【対象となる方】
 
 [[※]]下記の条件をすべて満たす方が対象となります。
 
 1.今回初めて(9月1日以降に)テスト対象サイトに会員登録をして頂いた方
 
 2.コラボレーションツール内のTESTERAコミュニティーに参加
 
 
  参加要領は、テストプロジェクトの画面をご参考下さい。
  https://www.testera.jp/sec/tester/project/detail?pid=33
  
 
 3.TESTERAコミュニティーに参加後、コラボレーションツールのテスト Part2
  のテストレポートを提出。
  以下の要領でご提出ください。
  
  「レポート件名」:新規会員登録レポート
  「レポート内容」:会員登録日:〇〇〇〇年〇〇月〇〇日
  
  
(上記の要領でテストレポートを登録すると報酬金額が¥200円で承認されます。)
———————————————-

ご不明点などありましたら、お気軽に事務局までご連絡下さい。
TESTERA事務局:office@testera.jp

皆さまのご参加をお待ち致しております。
今後ともTESTERAをどうぞよろしくお願い致します。

TESTERA事務局 高橋