担当テストマネージャー:E.Y.

ひとくちにテストと言っても、その観点は様々です。
今回はそのなかからユーザビリティテスト(以降、UX評価と記載)
を取り上げたいと思います。

弊社のテストソリューション”TESTERA”ではあまり触れない領域の
テストサービスですが、ユーザーの立場に立ってデザインを評価することは、
大変重要な位置を占めると思っています。

どんなに多彩な機能が盛り込まれていても、
「この機能どうやって使うかわかりづらいなぁ」
と思われてしまったら、製品としてはマイナスイメージです。

そこでUX評価が登場するのですが、その手法は以下のようなものがあります。

・実際にターゲットとなるユーザーにスタートとゴールだけ提示し、
 自由に操作してもらいアンケートをとる
・アイトラッカーを付けて目線を可視化する
などなど…

これらの結果をまとめて、製品の仕様にどう反映するかを検討していきます。
バージョンアップ後、製品もしくは後継製品ではすごく使いやすくなっていたり、
他の人に勧められるようなものになっているかもしれません。

コロナ禍でUX評価メンバーを揃えるのも厳しいかもしれませんが、
よりユーザー視点に近い目線で、デザイン設計を行うことについても
優先度を上げたら良い方向に進むのでは? というお話でした。