担当テストマネージャー K.F.

 私がIT企業に入社して2~3年目くらいの頃、
先輩エンジニアから、テスト工程での心得をいくつか聞かされました。
 かなり前のことなので全ては思い出せませんが、
今も忘れずに心がけていることがいくつかあります。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

  1. バグはあるものと思え。   
  2. 1つ2つうまくいったからといって3つ目もうまく行くとは限らない。
      全て確認せよ。
  3. 先入観や思い込みでテストするな。
  4. おかしいけど仕様なので良いか・・・はダメ。
  5. 再現しないからと言って放置するな。
  6. PCL*1)消化が目的ではない。不具合の摘出が目的。
  7. 類似不具合がないか確認しろ。
    ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
     職場では、検査部門は開発部門より強い立場にあり、
    検査部門でのテスト合格が、開発チームの最後の難関でした。
     「全体の2割を検査して10件のバグが出た場合、あと50件バグ
    摘出してから持ってこい」
    と突き返され、バグ摘出ノルマを課せられ、たとえソース一行の修正
    でも、デグレ防止や類似不良がないことの確認を求められました。  そうした環境や習慣が、その後の私の品質重視の考え方の基礎に
    なっています。
     ですから私は、QCD*2)の中ではQが一番優先かな-と思います。
    ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
     次回の私の担当では、QとCとDの兼ね合いについてコラム
    できればと考えています。

<編集者注>
*1)PCL:プログラムチェックリスト Program CheckList
    出来上がったプログラムが仕様通りに動作するかを調べるために
   作成する検査項目のリスト。様々なテストケースを想定して、
   どのような値や条件を与えるとどのような出力が得られる
   べきかを記述します。
*2)QCD:Quality(品質), Cost(コスト), Delivery(納期)