いよいよGoogleDriveがローンチした。
DropBoxが展開しているクラウドストレージサービスの競合となるサービスだ。

未開拓な市場を切り拓き、乗り込んでいくのは、いつもベンチャーで、
市場があると見るや業界巨人が、潤沢な資源を投入し、瞬く間に追随してくる。
ベンチャーにしてみれば、まさに脅威であり、サービスの存続問題にも発展しかねない。

こうした構図がある事によって、ユーザー側としては、便利で新しいサービスを使う幸福を
教授できる事は否めないが、ベンチャーが結果として果たす役割には、頭が下がる思いである。
今後のサービスの展開を見守りたい。

[参考]
http://jp.techcrunch.com/archives/20120424now-that-google-has-cloned-it-whats-next-for-dropbox/